第3号『住宅用火災警報器』奏功事例ニュース[練馬消防署]/練馬区

各自治体、警察や消防などからのお知らせおよびニュースや、お住まいの地域や生活に向けた役立つ情報を掲載しています。

ホーム > 地域のニュース、お知らせ > 分類別 > 消防から > 第3号『住宅用火災警報器』奏功事例ニュース[練馬消防署]/練馬区

第3号『住宅用火災警報器』奏功事例ニュース[練馬消防署]/練馬区

DSCN8977m22.jpg

第3号『住宅用火災警報器』奏功事例ニュース

【奏功事例1】発生場所:練馬区内
令和3年7月1日(月)一般住宅で居住者が電子レンジで長時間加熱し、食品から煙が発生しました。住宅用火災警報器が感知し、警報音に気づいた居住者が119番通報してくれたことから、幸いにも火災に至りませんでした。

【奏功事例2】発生場所:東京消防庁管内
令和3年7月19日(月)一般住宅で居住者が調理中のまま外出し、住宅用火災警報器の警報音に気づいた巡回中の警察官が119番通報及び初期消火をしてくれたことから、幸いにも火災に至りませんでした。

このように住宅用火災警報器が設置されていることで火災を未然に防ぐことができました。まだ、住宅用火災警報器を設置されていない場合は、早めの設置をしましょう!

また、大きな火災になる前にあなたに知らせてくれる住宅用火災警報器、鳴らなくなっていませんか?住宅用火災警報器の寿命は約10年です。10年を経過したものは交換をしましょう!

お問合せ:練馬消防署警防課 防災安全係(電話:03-3994-0119 内線(321・323)
練馬防火防災協会・練馬防火女性の会

⇒東京消防庁<練馬消防署><トップページ>
⇒東京消防庁<安全・安心><鳴りますか?住宅用火災警報器>

東京消防庁のホームページには、他にも奏功事例が紹介されています。

消防から練馬区  21/09/22

コメント(0)

このページに対するコメントはまだありません。

このページへのご意見、ご感想、ご要望などコメントをお願いいたします。

(初めてコメントする場合、承認されるまでコメントは表示されません。)


(公開されません)