生子神社の泣き相撲(令和4年9月25日)/鹿沼市

各自治体、警察や消防などからのお知らせおよびニュースや、お住まいの地域や生活に向けた役立つ情報を掲載しています。

ホーム > 地域のニュース、お知らせ > 分類別 > その他 > 生子神社の泣き相撲(令和4年9月25日)/鹿沼市

生子神社の泣き相撲(令和4年9月25日)/鹿沼市

DSC_0394m22.jpg

生子神社の泣き相撲

国選択無形民俗文化財
鹿沼市指定無形民俗文化財

子供の健やかな成長を祈願して開催されている奇習行事、鹿沼市樅山町の「生子神社の泣き相撲」
生子神社境内の土俵に役員氏子がまわし姿の力士に扮し、東西から幼児を抱きかかえ土俵に上がります。そして、掛け声と共に頭上高く3回ほど持ち上げて、元気な泣き声を競います。

日時:令和4年9月25日(日)
定数に達したため受付を終了

場所:生子神社(栃木県鹿沼市樅山町1167)

参加費:5,000円

対象:生後6か月位の首の据わったお子様~3才位まで

お問合せ: (一社)鹿沼市観光協会(電話:0289-60-6070)

⇒生子神社の泣き相撲 - 鹿沼市観光情報サイト「鹿沼日和」

古来から泣く子は育つとの意味に因んで行われている行事。最近は首都圏からの参加者も多いそうです。

全国その他  22/09/22

コメント(0)

このページに対するコメントはまだありません。

コメント欄にはこの記事への感想等を投稿してください。
ご意見ご質問等はトップページの「お問い合わせ」からお願いいたします。

(コメントは管理者が承認するまで表示されません。)


(公開されません)