難民とともに生きる ロヒンギャの女性のお話から考える(令和2年11月28日)/西東京市

各自治体、警察や消防などからのお知らせおよびニュースや、お住まいの地域や生活に向けた役立つ情報を掲載しています。

ホーム > 地域のニュース、お知らせ > 分類別 > その他 > 難民とともに生きる ロヒンギャの女性のお話から考える(令和2年11月28日)/西東京市

難民とともに生きる ロヒンギャの女性のお話から考える(令和2年11月28日)/西東京市

20201029_01.jpg

難民とともに生きる ロヒンギャの女性のお話から考える

市内で子育てをしているカディザさんから、ロヒンギャの歴史や文化、生活についてお話を伺います。西東京市に来た経緯も伺い、難民として生きること、そして難民とともに生きることの意味を考えます。グループでの話し合いもあります。

日時:令和2年11月28日(日) 午前10時から正午

場所:保谷駅前公民館 5階 集会室(西東京市柳沢一丁目15番1号)

対象:西東京市在住・在勤・在学者

定員:20人(申込順)

お申込み:11月5日(木)午前10時からメールで保谷駅前公民館へ(電話不可)

主催:西東京市保谷駅前公民館

共催:西東京にほんご教室

⇒保谷駅前公民館 多文化カフェ 難民とともに生きる ロヒンギャの女性のお話から考える 西東京市Web

東京都下その他  20/10/29

コメント(0)

このページに対するコメントはまだありません。

このページへのご意見、ご感想、ご要望などコメントをお願いいたします。

(初めてコメントする場合、承認されるまでコメントは表示されません。)


(公開されません)