和歌山県橋本市「三石台区自治会」のホームページへようこそ。

【三石台の医療施設と補助制度】

(Q)三石台は医療施設が多いとのことですが、どのような医院がありますか?

(A)三石台には林間田園都市駅周辺のほか、二丁目、三・四丁目にも医院があります。車で5分程度走れば橋本市民病院があり、林間田園都市駅からバスの利用も可能です。市民病院以外にも、車で10分のエリアには様々な医院がありますので、安心して生活することができます。

(Q)橋本市民病院はどのような総合病院ですか?どのような診療科がありますか?

(A)平成16年に橋本市小峰台に建替えられた総合病院です。三石台からは車で5分程度と近いところにあります。バスも出ています。

この橋本市民病院は災害拠点病院にも指定され、災害時には医療救護活動の中核施設として、重篤患者に対する救急医療の提供や医療救護チームの派遣および応急救護医療資機材の貸出等を行う病院でもあります。

ホームページには、次のとおり理念と基本方針が掲げられています。

≪理念≫

  • 医療を介して地域の発展に尽くす
  • こころの通う医療で、地域住民の健康の保持・増進に尽くす
  • 中核病院としての機能の向上に尽くす

≪基本方針≫

  • 患者の権利を尊重し、理解と納得に基づいた信頼される医療を目指します。
  • 急性期医療を中心に、安全・良質な医療を提供します。
  • 病病連携、病診連携に努め、地域完結型医療を推進します。
  • 医学の研鑽に励み、地域での医療の進歩と後進の育成に寄与します。
  • 行政の医療、保険、福祉政策に積極的に参画します。
  • 公共性と経済性を考慮し、健全な病院経営に努めます。

≪診療科≫

総合内科、消化器内科、呼吸器内科、代謝内科、循環器内科、腎臓内科、小児科、外科、乳腺外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、放射線科、麻酔科、心療内科、リハビリテーション科、歯科口腔外科、病理診断科、救急科

qanda_009.jpg

ヘリポートからのぞむ橋本市民病院

qanda_010.jpg

橋本市民病院

(Q)産婦人科の数が少ないとの報道を見聞きする中で、三石台は「安心して出産できるまち」と聞いています。実態を教えて下さい。

(A)橋本市内に橋本市民病院と奥村マタニティクリニックがありますので、安心して出産できます。

橋本市は妊婦健康診査費助成事業やパパ・ママ教室など、妊婦さんに対するケアも充実しています。詳しくは橋本市が発行している『橋本市子育てガイド 子育てのびの~び』をご覧ください。

(Q)中学生まで医療費は無料と聞きましたが本当ですか?

(A) 本当です。橋本市に住民票があり、健康保険に加入している中学校卒業までのお子さんが、健康保険証を使って医療機関などにかかった場合に保険適用の医療費が全額助成されます。

所得制限がありますし、保険適用外の治療費は助成の対象となりませんので、詳しくは橋本市のホームページでご確認ください。

(Q)ひとり親のご家庭に対する医療費助成制度があると聞きましたが本当ですか?

(A)「ひとり親家庭医療費助成制度」といい、橋本市のホームページでは「18歳に達した最初の3月31日までの間にある児童を扶養している母子家庭、父子家庭の方および助成対象となる養育者が、健康保険証を使って医療機関で診療を受けた場合などに、保険適用の医療費を全額助成する制度です。

ひとり親家庭でなくても、夫または妻に政令で定める程度の障がいがある場合や、行方不明、1年以上拘禁されている家庭は、対象となることがあります。」という説明が記載されています。

医療費助成制度以外にも、ひとり親のご家庭への支援策は充実していると思いますので、橋本市のホームページでご確認ください。

コメント(0)

このページに対するコメントはまだありません。

このページへのご意見、ご感想、ご要望などコメントをお願いいたします。

(初めてコメントする場合、承認されるまでコメントは表示されません。)


(公開されません)