鳴りますか?住宅用火災警報器 交換目安は10年です![東京消防庁]/東京都

各自治体、警察や消防などからのお知らせおよびニュースや、お住まいの地域や生活に向けた役立つ情報を掲載しています。

ホーム > 地域のニュース、お知らせ > 分類別 > 消防から > 鳴りますか?住宅用火災警報器 交換目安は10年です![東京消防庁]/東京都

鳴りますか?住宅用火災警報器 交換目安は10年です![東京消防庁]/東京都

DSCN6190_02.jpg

1389895m19.jpg

鳴りますか?住宅用火災警報器 交換目安は10年です!

住宅用火災警報器は古くなると電子部品の劣化や電池切れなどで火災を感知しなくなることがあります。
設置年月を確認し、設置10年を目安に本体の交換を検討しましょう!

住宅用火災警報器の点検方法
本体のボタンを押すか、付属のひもを引いて点検できます。
正常な場合、正常を知らせる警報音が鳴ります。

連動型の住宅用火災警報器は、設置された全ての部屋で一斉に鳴動するため、火災の早期発見に有効です。

⇒東京消防庁<安全・安心><トピックス><住宅防火10の心得><7 住宅用火災警報器を全ての居室・台所・階段に設置し、定期的な作動確認をしましょう。>

コメント(0)

このページに対するコメントはまだありません。

このページへのご意見、ご感想、ご要望などコメントをお願いいたします。

(初めてコメントする場合、承認されるまでコメントは表示されません。)


(公開されません)