「来て見て体験」文京の伝統工芸(令和元年12月14日・15日)/文京区

各自治体、警察や消防などからのお知らせおよびニュースや、お住まいの地域や生活に向けた役立つ情報を掲載しています。

ホーム > 地域のニュース、お知らせ > 東京都23区 > 文京区 > 「来て見て体験」文京の伝統工芸(令和元年12月14日・15日)/文京区

「来て見て体験」文京の伝統工芸(令和元年12月14日・15日)/文京区

20191212_02.jpg

「来て見て体験」文京の伝統工芸

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、ものづくりに関心のある区民や国内外からの観光客の誘致と、伝統工芸品の魅力発信のために開催するものです。

日程:令和元年12月14日(土)・15日(日)

時間:午前10時~正午/午後1時~4時

場所:不忍通りふれあい館1階(文京区根津2-20-7)

橘右之吉氏と金子直子氏の作品展示や実演がご覧いただけるほか、「江戸文字名札」や「銀粘土アクセサリー」の制作体験ができます。
※体験の事前予約はございません。

主催:文京区
実施:文京区伝統工芸会

⇒文京区 「来て見て体験」文京の伝統工芸

力強い「江戸文字」で名札を作るのでしょうか。体験してみたいですね。

コメント(0)

このページに対するコメントはまだありません。

このページへのご意見、ご感想、ご要望などコメントをお願いいたします。

(初めてコメントする場合、承認されるまでコメントは表示されません。)


(公開されません)