ハガキによる架空請求に関する相談が増加/北区

各自治体、警察や消防などからのお知らせおよびニュースや、お住まいの地域や生活に向けた役立つ情報を掲載しています。

ホーム > 地域のニュース、お知らせ > 分類別 > その他 > ハガキによる架空請求に関する相談が増加/北区

ハガキによる架空請求に関する相談が増加/北区

DSCN0272m.jpg

ハガキによる架空請求に関する相談が増加

行政機関を装い、「未納料金の訴訟最終告知」等と書かれたハガキが自宅に届き、文面に「訴訟を起こす」「差し押さえ」などと法律用語を使って不安をあおり、ハガキに記載のある連絡先に電話をかけさせようとするものです。連絡をするとお金を要求されたり、電話番号等の個人情報を知られてしまったりするケースもあります。 

このようなハガキが届いても、決して連絡してはいけません。 

少しでも不安に思ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

北区消費生活センター(相談電話:03-5390-1142)

⇒相談急増 ハガキによる架空請求(見守り情報)_国民生活センター

消費者ホットライン「188」で、近くの消費生活相談窓口を案内してくれるそうです。

全国その他北区  18/06/28

コメント(0)

このページに対するコメントはまだありません。

このページへのご意見、ご感想、ご要望などコメントをお願いいたします。

(初めてコメントする場合、承認されるまでコメントは表示されません。)


(公開されません)