葛飾柴又が国の重要文化的景観に選定されました。/葛飾区

各自治体、警察や消防などからのお知らせおよびニュースや、お住まいの地域や生活に向けた役立つ情報を掲載しています。

ホーム > 地域のニュース、お知らせ > 分類別 > 行政・自治体から > 葛飾柴又が国の重要文化的景観に選定されました。/葛飾区

葛飾柴又が国の重要文化的景観に選定されました。/葛飾区

DSCN0033_0012.jpg

葛飾柴又が国の重要文化的景観に選定されました。

平成30年2月13日(火曜日)、葛飾柴又が国の重要文化的景観に選定されました。

葛飾柴又の文化的景観は、近世初期に開基された帝釈天題経寺と近代以降に発展したその門前を中心に、それらの基盤となった農村の様子を伝える旧家や寺社などの景観がその周囲を包んでいます。さらにその外側に19世紀以降の都市近郊の産業基盤や社会基盤の整備の歴史を伝える景観が広がり、水路の痕跡や道などもよく残っています。

このように、葛飾柴又は地域の人々の生活、歴史、風土などによって形成され、それらを現在に伝える重要な景観地として評価されました。

⇒葛飾柴又が国の重要文化的景観に選定されました。|葛飾区公式サイト
⇒柴又地域文化的景観保存の取組み|葛飾区郷土と天文の博物館

映画「男はつらいよ」の舞台としても有名ですよね。

コメント(0)

このページに対するコメントはまだありません。

このページへのご意見、ご感想、ご要望などコメントをお願いいたします。

(初めてコメントする場合、承認されるまでコメントは表示されません。)


(公開されません)